自宅の住所を事務所として表記したくない

事業を行うにあたってどうしても
住所の表記は必要になってきます。

ホームページに掲載する住所で
あったり、名刺に掲載する住所で
あったりとないわけにはいかないものです。

また場所によっては信頼上の問題等も
関係してくるかもしれません。

どうしても自宅の住所を載せたくない、
載せることによるリスクがあるという場合、
バーチャルオフィスを借りるというのも
いいと思います。

都心の一等地だからいいかどうかと
いうといいと感じる人もいるでしょうし、
どこでもいいと思う人もいるかもしれません。

ただ住所を載せることによって
少しでもイメージが上がったり、
自宅住所のリスク回避になるのであれば
使ってみる価値はあるのではないでしょうか。

事業が拡大してから事務所は
借りればいいもの、まずはバーチャルオフィスと
いうのは賢い選択ですね。

バーチャルオフィスならKarigo